スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

最新の投稿

ハロウィンの光るスピナーカード 導電糸を使ってみよう!  

クラフターの皆様、こんにちは。 ハロウィンが近づいてきていますが何か準備をされていますか? 日本では伝統的な行事ではないけれど、私はこのカードを作ってハロウィンを楽しみたいと思っています。ちょっと怖くて楽しい要素も含む行事で、ご当地(主に北米かな?)ではとても楽しみにされている行事です。 それからチビトロニクスのサイトで導電性の糸の詳しい説明を見ました。 こちらのページ なんですが、導電糸とは何ぞや?から始まり、使い方の例やコツなど紹介されていますのでご興味のある方はご覧ください。 この導電糸を使ったスピナー、以前何種類か作ったことがあります。 1) 2) 3) またEikoさんの丁寧で分かりやすい作り方の動画を含む記事もあります。(なんと2017年ですって!)なので、このカードを作ってみたいなという方は、 こちらの記事 も参考になさることを強くお勧めします。 われらの教科書的存在。。。 そんなわけで、「新しい試み」ではないのですが、とても楽しいカードであることと、導電糸にスポットを当ててみたいということで、今回は再びこのカードを作ることにしました。 カードを開くと、骸骨くんがくるくると回ります。そして、プルタブを引くと目が光り、心臓が動き出す、、、!?  キャー、こわっ!てほどではないですけれど。ちょっとハロウィン気分を出してみました。 動きはこちらでお楽しみください。 1. 準備するもの ・表紙 ; 4.25x5.5インチ 黒いカード用紙  スピナーの位置にパーツに合わせた大きさの楕円の穴をあけます。(ダイがあればダイカット) 今回はエンボスフォルダーを使ってエンボスをして、インクパッドを擦り付けて銅色の着色をしました。エンボスしたところから質感がぐっと変わるので気に入っています。             ・回路用紙; 4.25x5.5インチ  黒い紙 少し薄目でも大丈夫です。表紙と重ねて同一に楕円形の穴をあけます。 ・カード台紙;8.5X5.5インチ 半分におって、表側に上の表紙、回路用紙と同じ位置に楕円の穴をあけておきます。 ・プルタブパーツ; 1/2x2 2枚 ;黒い紙(表紙と合わせています), 1枚;プラ板(タブの補強用) ・スイッチパーツ; 1/4x1.5インチ; 端から1/4インチで山折り、1/2インチ谷折り、1インチ谷折り、1 1/4 インチ山折

最新の投稿

The Spinner Card with the Conductive Threads--- Happy Haunting!

大好きな気持ちを伝えたい のカード  導電性プラスチックシートを使って光り方の変わるスイッチを作る

Sending My Love --using the pressure sensitive conductive plastic and LED sticker